福岡でリフォーム・塗装するならハウスデザイン福岡

福岡のリフォーム・注文住宅会社 ハウスランド社

株式会社ハウスランド社 .
tel№.png

和の暮らしを大切に夫婦で過ごす伝統の家

<施工例№18>古民家再生

昭和の初期に福岡県小石原村より移築されたという I 邸。
初めて建物調査にお伺いした時、随所に見られる 欄間・建具・書院の細工の細やかさや、
その洗練された美しさに感動しました。内部は まさに大正・昭和の美意識にあふれた雰囲気でした。
最初、建替えの話があったそうですが、悩まれていた時、ご紹介で当社モデル住宅に
お越しいただき、再生の方向にご夫婦とも決心が強まっていかれました。
当時の建物の雰囲気を大切に、なおかつ快適でモダンなスタイルに再生するという
当社の方針に賛同していただき、工事させていただくことになりました。
I 邸の特色として、 I 様のご意向もあり、あえてバリアフリーにしないという原則により、
構造の変更は最小にとどめました。
先日、完成後ご夫妻と歓談させていただきましたが、家に帰ってくることが楽しみになったと
大変喜んでいただき、当社としてもこの様な文化的価値がある家が、
またこれから住み継がれていくことにかかわれて嬉しいかぎりでした。
ご夫婦ともドクターという職業柄、大変お忙しい毎日をお過ごしですが、家にいる時は、
和の暮らしを大切に安らぎの古民家でのんびりと過ごしてもらえると思います。

和の暮らしを大切に夫婦で過ごす伝統の家

福岡県久留米市 I 邸 (平成20年11月完成)
築 95年推定(昭和初期移築)
工事内容:水回りを中心に1F内部及び建物外部リフォーム    施工面積:178.24㎡(53.91坪)

写真をクリックすると拡大表示されます。

36_r02.jpg

書斎、応接間。正面の中連の窓は、掃き出し窓からの変更

掘りごたつは当社オリジナル正面の建具は、玄関の左側より移動しました

千本格子の玄関戸は新設 当時の雰囲気を残すべく簡素にまとめました

床は杉無垢板浮造り仕上げ書斎コーナー。本棚の側板は縁側の杉板を再利用しました。正面の窓は、採光の為に新設

キッチン部分両面ハッチは、当社オリジナル

キッチンは、L型キッチンを採用この様なガラス窓は貴重なものです

欄間の細工の洗練されたデザインは 目を見張るほどの美しさです

36_r10.jpg

ユニットバスは、INAXタイル仕様

竹をあしらったモダンなデザインの

和室、床の間および書院

大切にされていたのがよくわかる完品の書院の建具

襖の引き手もおしゃれなデザイン

茶の間、床暖房を採用しました。床材はさくらの無垢板

電気配線は意匠としてガイシでまとめました

玄関正面畳の間

36_r19.jpg

キッチン

お気に入りの所蔵の有田焼の鉢を洗面ボールに利用しました

内障子の入った和のトイレ

廊下

和室から眺める中庭が贅沢です